<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

機動戦士ガンダムSEED featuring SUIT CD

機動戦士ガンダムSEED featuring SUIT CD
角川コミックス・エース
発売日: 2005/01/26
価格: 546円
著者: 山口 恭史 (著), 矢立 肇 (著), 富野 由悠季 (著)
出版社: 角川書店
ISBN: 4047136484

1年近く前に、ガンダムエースで連載されていた、山口恭史のマンガがついにコミックス化します。
これはCDで発売されて人気だった「スーツCD」をマンガ化したもので、セリフはほぼCDと同様です。スーツCDは「アスランとラクスが始めてであった時」とか「ミゲルはこんな性格だった」とか「アスランとイザークがチェスで戦ったら」とか、本編の外伝みたいなストーリーで、5分くらいのドラマCDになっています。巻によっては、そのCDのメインキャラクターのイメージソングとかBGMとかも収録されています。

スーツCDは1枚1575円で5枚出ているため、全部集めると結構な値段になってしまいますが、このコミックスを読んで内容を確認してから、気に入ったストーリーを購入する、というのも良いですよね。実際私はその方法で5番目の「アスラン×イザーク×ディアッカ」を購入しました。このスーツ5番目は他のよりも特に面白いと評判で、実際マンガを読んでみたら気に入ったため購入したものです。

Amazonではまだ表紙がアップされていないようで、絵柄が見られないのが残念ですが、綺麗でややさっぱり目の絵柄で、私はとても好みの絵柄でした。アニメイトのグッズのような、濃い目の絵柄が好きな方は少し物足りないかも。
山口氏はガンダムエースでこのスーツCD1〜5の短期連載が終わった後、GBAゲーム「友と君と戦場で」のifシナリオのマンガ化もしていました。このゲームは、私の好きなキャラのノイマンとナタルがかなり優遇されていて色々なシナリオがあったので長く連載が続くことを楽しみにしていたのですが、ほんの数回で連載が終わってしまいました。
スーツCDのページ数から考えて、もしかすると友と君と戦場でのマンガも収録されているかもしれません。だとしたらすごくお得ですね。私はこのコミックスを買ってみる予定なので、読んでからもう一度記事を書こうと思います。

yzak * 書籍 * 01:37 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 01:37 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ