<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

「ハウルの動く城」原作・フィルムコミック

今、自分内でハウルブームが沸き起こっているので、原作を読んでみようと考えています。ついにカテゴリまで作ってしまいました。
しかし英語は苦手だし、翻訳した本も苦手。どちらを買おうか迷っているので、いろいろ調べてみました。原作を買おうと思っている方は、ご参考にどうぞ。
今のところは原典の方を買おうかと思っていますが・・・さて、読みきれるかどうか。
【原作(日本語訳)】
「ハウルの動く城」シリーズボックスセット
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ (著), 西村 醇子 (翻訳)
定価:3360円
発売日:2004/11/10

ハウルの原作魔法使いハウルと火の悪魔と続編アブダラと空飛ぶ絨毯をボックスセットにしたもの。内容は同じで、値段も2冊分ぴったり、さらにボックスがついているので、2冊買う予定がある方は、こちらを購入したほうがお得かもしれません。
 
魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉
ダイアナ・ウィン ジョーンズ (著), Diana Wynne Jones (原著), 西村 醇子 (翻訳)
定価:1680円
発売日:1997/05

映画「ハウルの動く城」の原作となった、「魔法使いハウルと火の悪魔」。もともと児童向けの本なので、さくさく読み進められそうです。
映画では説明が割愛されていた設定も描写してあるとのことなので、映画の背景を知りたい方は是非原作も読んでみてはいかがでしょうか。ハウルやソフィーは映画とは少し性格が異なっているとの情報あり。

挿絵があまり好きではないタイプなので、原典の方を買おうかと思っています。ところでこの挿絵、楠田枝里子のロマンチック・サイエンスの挿絵書いていた人と同じ人だと思うんだけど、現物が見つからないので確かめられない・・・。ご存知の方、情報求む・・・ってこれもう20年くらい前の本かぁ。月日のたつのは早いものです。
 
アブダラと空飛ぶ絨毯―ハウルの動く城〈2〉
ダイアナ・ウィン ジョーンズ (著), Diana Wynne Jones (原著), 西村 醇子
定価:1680円
発売日:1997/08

魔法使いハウルと火の悪魔の続編。同じ世界を舞台にしていますが、主人公達は「ハウル〜」達とは別だということです。しかし「ハウル〜」に出てくるキャラクター達もこちらにちょこちょこ出てくるとのこと。
 
【原作(英語)】
Howl's Moving Castle
Diana Wynne Jones (著)
定価:755円
発売日:2001/08/07

こちらは原典。英語は苦手なのですが、訳書独特の「翻訳しました」感も苦手なので、英語の本はいつもどうしたらいいか悩みます。児童書ということで難解な英語が無いことを期待して、原典の方を読もうかと思っているのですが・・・原典読んだ方はどんな感じか感想いただきたいです。
フランス語とかドイツ語ならさっぱり分からないので、あきらめて日本語訳を読むのですが。いつもは夏目漱石とか太宰治とか明治文学なので、こういう本を読もうとすると迷ってしまう。
挿絵は日本語版よりこちらの方がまだマシ。でもカカシもカルシファーもソフィーも恐すぎ。
 
【フィルムコミック】
ハウルの動く城 1 (1) アニメージュコミックススペシャル フィルムコミック
発売日:2004/12/15
ハウルの動く城 2 (2) アニメージュコミックススペシャル フィルムコミック
発売日:2004/12/28
ハウルの動く城 3 (3) アニメージュコミックススペシャル フィルムコミック
発売日:2005/01
ハウルの動く城 4 (4) アニメージュコミックススペシャル フィルムコミック
発売日:2005/01

定価:各590円

映画の配給元でもある徳間書店から発売されているフィルムコミック。フィルムコミックとは、映画のセル画に、吹き出しでセリフなどを加えて、ストーリーを構成しているものです。
絵が多くて字が少なく、ストーリーも分かりやすく編集されているので、絵本のような感じで見られると思います。小さいお子さん向き。
さすがにこの年ではフィルムコミックを買おうとは思いませんが、小さいころトトロラピュタのフィルムコミックは持っていて、よく読んでいました。
yzak * ハウルの動く城 * 19:47 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:47 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ