<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

SEED120%! 第4回(1)

フレッツ会員限定のコンテンツSEED120%!第4回のレビューです。

SEED120%! 第4回(2004/11/27配信)

メニュー
1.リョウコとタカハシのトーク
2.SEED120%!的デスティニー!ストーリーダイジェスト!PHASE-01〜04
3.SEED120%!デスティニーde超・再放送
 シン・アスカ役 鈴村健一
 ルナマリア・ホーク役 坂本真綾

相変わらずとてもレビューが長くなってしまったので、本日は「1.」「2.」と「3.」のオープニングまでをお届けしようとおもいます。
【トーク】
毎回凝りずに、リョウコとタカハシの軽快なトーク。
「Zガンダムでアムロがはじめで登場したのは、キラと同じく第6話」っていうのは参考になりました。あとでDVD探し出して見直してみよう〜。
「機動戦士Zガンダム劇場3部作」の宣伝もしていましたね。もちろん劇場版は映画館に見にいく予定。近くの劇場でも公開されるといいなぁ。劇場版のDVD化も楽しみです。
その他は省略。ここまでで、約35分中2分30秒。

【SEED120%!的デスティニー!ストーリーダイジェスト!PHASE-01〜04】
タイトル長いー!

途中から見始めた人にも分かるように、ストーリーをダイジェストにしてお届けするコーナーだそうです。この番組なりの解釈なので、ゆがんだ解釈もあるとのこと。

内容は、普通のあらすじ+そのときのアスランの様子を早口で紹介するだけのもの。特に聞かなくでもOKかと。
あらすじは当ブログにもありますし、公式サイトにもあるので、省略。ここまでで、約6分30秒。

【SEED120%!デスティニーde超・再放送】
【オープニング】
鈴村「フレッツ・スクエアのみんなー。」(教育テレビ体操のお兄さん風に明るく)
坂本「『デスティニーde超・再放送』の時間ですよー。」(同じく歌のお姉さん風に優しく)
鈴村「そうですねぇお姉さん。」
坂本「お兄さん。」
鈴村「あはははは。」
坂本「うそ臭いー。」
と。ここでいきなり素に戻って。
鈴村「というわけで『デスティニーde超・再放送』ですよ。『超』ですよ。何が超かというと、映像があるんですよ。」
と、超再放送について説明を始める鈴村さん。テレビのある病院の待合室に居合わせてた感じ、と説明する坂本さん。しかもなんか斜めに向かい合わせていて、位置関係が気持ち悪いそうです・・・。
ラジオだったら対面(トイメン)だけど映像を見ながらだから楽しみにしてください、と鈴村さん。

手短に「ガンダムSEEDデスティニー第一話怒れる瞳 お送りするのはシン・アスカ役の鈴村健一とルナマリア・ホーク役の坂本真綾です」と手早く自己紹介。
鈴村「割と手探り感がありますけれども」坂本「ドキドキしますね」と二人とも微妙に緊張している様子です。

と、いきなり坂本さんが話を切り出します。
坂本「『超・再放送って何?』ってことで、資料をいただいたんですよ。本編見ながら話すってどういうこと?って思って。そしたらいただいた資料が関智一さんと保志総一郎さんと笹沼晃さんの3人で喋ってたんですよ。で、このときはこうだったとかああだったとか話すのかと思ったら、全く関係ない話をしているだけではなく、私の名前が出てきたんですよ。で、私ガンダムSEEDに出てなかったのになぜ?と思ってたら、関さんのおなら話になっていて、関さんが『本番中におならしたことある?オレあるよ。坂本真綾ちゃんの前で』とか言って。私知らなかった、気づいて無かったですよ。私ショックで。」
→そのときの回と思われる記事はこちら
背景の画像には、アバンタイトルで逃げ惑うオーブの人々が描かれています。いきなりのおなら話に鈴村さんもびっくり!「いきなり何話してんだよ、いいシーンだぜ?ここ!」すると坂本さんも「あーごめんごめーん。ホントいいカッコいいよねー。(語尾長めに)」なんかやけに貫禄ある返答。
鈴村さんは「これからガンダムSEEDデスティニーの歴史が始まる映像で何おならの話してんだよ!」と更にツッコミますが、坂本さんは「ごめーん。でもこれだけはほんとショックだったのー。」と、どうしても言いたい様子。

そしてついにマユちゃんたちアスカ一家がフリーダムにやられるシーンへ!
鈴村「シンの家族がこういうことになってしまったのは、見てのとおり、キラ・ヤマトの乗っているガンダム、フリーダム・ガンダムが。」
坂本「ほんと?似てるなぁと思ってたけど。本物?ホント?」
鈴村「キラ・ヤマトが悪い。映像で見る限り。真相は知らんよ?」
やったのはフリーダムかどうか微妙かなと思ったけど、鈴村さん的にもやっぱりフリーダムがやったように見えたのかー。

続いて話は第1話のアフレコの話へ。
坂本「シン・アスカ的にはどうでした?第1話の冒頭から見せ場だったわけですが。」
鈴村「これ何度もやったじゃないですか。いっぱいいっぱい、何度もやらしてもらって。」
坂本「そうでしたよね。どうでした?緊張しました?」
鈴村「するよー。そりゃー。第1話だしやっぱり。」
坂本「魂の叫びがあったじゃないですか。あれも何回もやりました?」
鈴村「かなり何回もやったね。何回も叫ばしてもらってね。あの状態を出すのに、いろんな試行錯誤をして。」
坂本「私は、(シンが)叫ぶのをスタジオの端っこの方で聞いてたんですけど、結構グッときましたよ。」
鈴村「あとちょっとですからね。皆さんどうぞお聞きください?・・・って音は聞こえないんだよ!これね。いや残念だな。悲しいなコレ。」
と、場面は話題になっていたシンの叫ぶシーンへ。
鈴村(シンの叫ぶシーンに合わせて)「うおぉぉ〜〜〜〜い。腹減ったぞぃ。」
坂本「えっ!そうだったの??」

ってなオチでAパートに続きます。
yzak * SEED120%! * 00:58 * comments(1) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 00:58 * - * -

コメント

なるほどに 勉強になります。
まだまだヒヨッコで ご指導今後とも よろしくお願いします。
ありがとうございました♪
Comment by g-seed @ 2004/12/14 10:51 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ