<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

超再放送「PHASE-23 運命の出会い」2004年11月Aパート

ガンダムSEEDの公式ファンクラブ「SEEDClub」のコンテンツ「超・再放送」
今回はノイマン役の千葉さんと、チャンドラ役の鳥海さんです。本日は、Aパートについてレビューを掲載しようと思います。
【Aパート】
Aパートに入ると、いきなり何やら訴えだす鳥海さん。いつも、超再放送ではネタに困ったときのために、スタッフさんからネタ帳を渡されるのだそうですが、そこには「この話数、鳥海さんは出演されていないようです。」と書かれていたのだとかで憤慨しています。千葉さんは出ているのかと尋ねられると、
千葉「出てますよ。最初にして最後の見所が。」
そう、この26話はノイマン一世一代の大技、バレルロールを披露した回なんですよね。
なおも出番が少ないことを訴える鳥海さん。
鳥海「顔だけ出ているけど。」
千葉「そういう時はトノムラあたりがしゃべっちゃってるんですよね。」
鳥海「思ったんだけど、あの4人のクルー(ノイマン・トノムラ・チャンドラ・パル)の中で一番おいしい思いをしているのは、トノムラだと思うの。話数も多いし、セリフも多いの。ずるいと思わない?でもノイマンも結構喋ってる?」
千葉「僕はねぇ、顔が写っても『くっ』とか『あっ』とかばっかですよ。」
・・・あとは「回避、間に合いません!」とかね。でも千葉さんは「くっ」とか「あっ」とかでもかっこよかった。でも下士官のセリフはもっと増やして欲しかったなあ!

千葉「でも僕はこの話数ちょっと喋ってますけどね。」
鳥海「裏切り行為かよ!うちら仲良いはずでしょ〜?」
千葉「あっ・・・。そっ・・・そうですね。」
わざとらしく言い澱む千葉さん。
鳥海「我々の麗しい友情に、そうやってヒビを入れたいわけ〜?」

ちょうど画面にはランボーモードのキサカが写っています。千葉さんが、キサカはランボーモードの方が好きだとか話を始めますが、鳥海さんはつれない返事。千葉さんが「乗ってこないなぁ〜」とぼやくと「男の話題に乗るか!カガリの話題だったらついていってあげてもいいよ♪」と相変わらず女性キャラ大好きの鳥海さん。すると「キサカやってたから、カガリには振り回されて大変だった。」と千葉さん。

鳥海「でもオレはやってみたいキャラはカガリ。あぁいう突拍子も無いことするキャラは結構好きかも。」
千葉「そうでしたね。突拍子も無いよね。」
と、前回の超再放送「舞い降りる剣」の回を思い出す千葉さん。あの時は、マリューとムウがちゅーしていることを本番で知り、打ち合わせを台無しにして一人で興奮してしまったのだとか。
千葉「じゃやりたい役はムウじゃないの?」
鳥海「ちょっとムウはねぇ。なんでマリューさんがムウに惚れたのかがわかんない。」
あくまでも、ムウには敵愾心を抱く鳥海さん。
千葉「一人艦長として苦悩するところに、軽いノリで『子猫ちゃ〜ん』ですからねぇ」
鳥海「実生活で言ってみようかなぁ『子猫ちゃーん』『お嬢ちゃーん』って」
千葉「止めたほうがいいですよぉ。ドン引きですから。周り。」

鳥海「敵側だったら誰がいい?」
千葉「ディアッカ・エロスマン以外だったら誰でもいいですよぉ。エロスマンは頭悪いんで。」
と、千葉・鳥海・笹沼でやった超再放送の話を思い出す、千葉さん。あの時は「後方支援用なのに前に出てくんなよ!」と千葉さん・鳥海さんでいじったら、笹沼さんが逆切れしてしまったのでした。
鳥海「あの時は久しぶりに『逆切れ』見たよ。」
千葉「あそこに事務所の先輩後輩はなかったね。『分かってますよ、僕だって!』って笹沼が言うから『分かってんだったらやれよ』っていったら『決めるの僕じゃないですから!』って。かわいいやつだなと思いましたよ。」

千葉「ニコルの機体が好きなので、ニコルもやってみたい。ほら、あの機体消えられるでしょ?」
鳥海「消えられるのに、何で死ぬの?」
千葉「なに見てたんですか?この作品参加してなかったんですか?アスランをかばって死んだんですよ!」
鳥海「あ、そっかそっかそっか。そんな話だったっけ!」
話を知らないのか忘れているのか、大ボケの鳥海さん。

千葉「それでアスランが種はじけちゃって、トールも殺されちゃうんですよ。(トール役の)井上は、未だにトールが死ぬときのシーンは目をそらしているそうですよ。総集編の収録でも目そらしてましたもんね。未だにトールはどこかで生きてるって信じてますから。」
ガンダムの声優さん皆さん、やっぱり自分のキャラが好きなんですねぇ。こういう風に思い入れを持ってもらうのは、ファンにとってはうれしいと思います。

鳥海「壮絶な死だったらしいですよね。」
千葉「え、知らないんですか?鳥海さん?チャンドラ役の鳥海さんですよね?この番組に関わってない、後輩の鳥海コウスケじゃないですよね?」
鳥海「えへへ。鳥海コウスケで〜す!」
千葉「鳥海勝美さんの方ですよね?たのんますよ。いくら終わった作品とはいえ、全然話がかみあいませんよ?」

そんなやり取りをしている間に、シーンは水中用MSにアークエンジェルが苦戦をするシーン。グーンやゾノなど、水中用モビルスーツも活躍します。
鳥海「あれ?水中でモビルスーツって動けるの?」
千葉「水中専用ですからね。鳥海さん?鳥海さーん?大丈夫ですか?(画面に写っているMSを指して)あ、これ知ってますか?ゾノっていうのはね、バンダイビジュアルののクワゾノさんからとったんですよ。」
鳥海「へー。そりゃ知らなかった。だけどさー。ゾノって何だっけ?」
千葉「鳥海さん?だから水中用モビルスーツだって言って・・・。SEED Clubの皆さん、すいません、本物のチャンドラ役の鳥海さんなんですけど、なんか物知らない人きちゃってごめんなさい。一生懸命フォローしますんで。」
鳥海「あ、じゃあさ、じゃあ、この穴埋めは、Bパートで!」
千葉「本当ですか?たのんますよ、鳥海さん!」
鳥海「はいはーい!」

コントみたいな二人の掛け合いです。それにしても鳥海さん・・・。出番が少なかったから(言っちゃった!)しょうがないけど、何も知らない鳥海さんに、千葉さんも少々困ったご様子なのでした。。。
yzak * 超・再放送 * 00:24 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 00:24 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ