<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

PHASE-15「それぞれの孤独」(2004年10月)収録後記・感想

収録はどうだったか?みたいな事を、Bパートまで収録後に出演者の方がトークしたものを、纏めたものです。
【収録後記】
収録は保志さんが三石さんと桑島さんに挟まれていたそうで、やりにくい?と三石さんに聞かれると「やりやすいことこの上ないです。それは言いすぎですけど」と適当な返事。

三石さんは久しぶりでしたけどどうでした?と聞かれると「自然体でいられる。楽しいです!」とコメント。

「桑島さんはどうでしたか?」と保志さんが尋ねると、三石さんが「桑島さんって・・・」と余所余所しいところを指摘すると、保志「長くやっている割にはあんまり」三石「仕事場だけのつきあいなの?」桑島「まぁそうですね」とドライなことこの上なし。

最後にガンダムSEEDデスティニーの話題を持ち出す三石さん。
「『ディスティニー』ではなくて『デスティニー』なのよ!」と強調していました。私は初期のころはずっと間違っていましたが・・・。
「ガンダムSEEDの次回予告最後の『・・・、ガンダム』は、ガンダムに続けるネタがなくなってしまったので、今回はガンダム以外のものが出てくるのよ!」と三石さん。
「え!ザクとか?」と保志さんが尋ねると「まだやってないけどあるかも知れないわね」。保志さんが「『飛べ、マリュー』とか?」と続けると大ウケ。「両澤さん次第じゃない?」といっていましたが、マリューは無いのでは・・・。

収録後記の間には保志さんと桑島さんの一言コメントが表示されていました。
てぇぇぇぇ〜!!!
ぶわじるるる〜ぅしょうい!
キラもいきま〜す!!
ほし

お久しぶりですね〜!
デスティニーでは
 死にたくなぁい!!
フレイ・ナタル
なぜか三石さんのコメントは無し・・・。何で?

【まとめ・感想】
保志さんはいつもはへろへろな感じなのですが、今回は一生懸命話を纏めていたように思えました。それはきっと残りの二人がへろへろだったから・・・。

三石さんも桑島さんも、持っていたイメージとは全然違う印象で、とても驚きました。
三石さんはおっとり系のキャラかと思っていましたが、ハキハキしてお姉さんぽい話し方、ツッコミもしっかりしていました。
逆に、桑島さんはナタルの声からもっときっぱりした方を想像していましたが、ふにゃふにゃしていて、しゃべりもあまりなかったです。喋っても噛みまくりで、よくナタルの戦闘指揮時のセリフがすらすら言えたなぁ〜とびっくりしてしまった。

あと、意外にも三石さんが戦争ものとか昆虫とか、予想外のことに詳しそうな雰囲気を感じました。三石さんがどんな人なのか知りたくなってしまいました。

保志さんがばらばらの話を纏めようと頑張っている感じがとてもよく、楽しかったです。このメンバでもう一回「超・再放送」があるそうなので、楽しみにして待っていようと思います。
yzak * 超・再放送 * 16:01 * comments(0) * trackbacks(1)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 16:01 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

ロゴス ≒ セナトゥス

2004年12月25日午後5時30分より"冬休み1時間スペシャル"の放映も決定した SEED-Dですが、フレアと聞くと「デリンジャー現象」が喚起される所です。 今日は「PHASE-05 癒えぬ傷痕」というタイトルでした。ガンダムらしいと言うべき なのかコロニー落しならぬユニウス
From 菅野重工業 @ 2004/11/13 11:41 PM
このページの先頭へ